​A r t  w o r k s

マリンバによる何層も重ねたループは輪廻転生をイメージし、後半のコーラスは生まれ変わり直前の苦しみを表す。

インスタレーション: 藤野尋子 光は物質ではないので音に溶けやすい。視覚と音のループが溶け合うと体感するリズムが生まれる。

Various Marimba sound appearing on the loop create metempsychosis. The chorus at the ending represents the suffering of just before death.

Installation: hiroko fujino 

Light does not have substance, It melts into sound.When the loop of visual loops and sound are fused into one, felt rhythm is produced.

2014年 TOKYO DESIGN WEEK・東京 

2015年 ミラノサローネ・イタリア にて展示

輪廻 Metemphychosis (Excerpt)

Music: Mika Sawai / Installation: hiroko fujino

2014年 丸の内ビルディング・東京

2015年 せんだいメディアテーク・宮城 にて展示

(左:《Sound AidⅠ》、中央:《還す》、右:《還す》拡大)

これらは割れてしまったマリンバの音盤で、見た目には分かりませんが、楽器上で鳴らすとノイズがします。マリンバ奏者として、楽器から取り外される度、私はいたたまれない気持ちになります。

私たちの日常に戻し、「音」としてとらえると、いまだ美しい音色を持っているからです。

 

They are Marimba's keyboard but out of use any more due to noise. As a marimba player, every time they are replaced with new keyboards, I wonder why they are called "broken" because they have still SOUND.

 

 

                            

 

Copyright © 2013-2020 Mika Sawai All rights reserved.